WSGI 環境にデプロイする方法

revision-up-to:17812 (1.4)

Django の主要なデプロイプラットフォームは、 Web サーバと Web アプリケーション に関して Python の標準である WSGI です。

Django の startproject 管理コマンドはシンプルなデフォルトの WSGI 設 定をセットアップします。プロジェクトと WSGI 準拠の Web サーバに合わせて、必要 なら微調整することができます。 Django には以下の WSGI サーバのための手引きとな るドキュメントが用意されています:

application オブジェクト

WSGI デプロイでのキー概念の一つは、中心となる application という呼び出し可 能オブジェクトを設定することです。 Web サーバはこれをあなたのコードとの連絡の ために使います。これはサーバにアクセスできる Python モジュールのなかで一般に application という名前のオブジェクトとして設定されるものです。

Django 1.4 で変更されました: リリースノートを参照してください

startproject コマンドは、そのような application オブジェクトを含む projectname/wsgi.py ファイルを作ります。

Note

以前のバージョンの Django からのアップデートして、 wsgi.py ファイル がプロジェクト内にない場合は、単にプロジェクトのトップレベルパッケージに (おそらく settings.pyurls.py の次に) 下記の内容を含む ファイルを追加できます。 runserver がこの WSGI ファイルを使うようにしたければ、 WSGI_APPLICATION = "mysite.wsgi.application" を settings に追加します。 (mysite をプロジェクト名に置き換えてください)

最初の状態ではこのファイルは次のようになっています:

import os

os.environ.setdefault("DJANGO_SETTINGS_MODULE", "mysite.settings")

# This application object is used by the development server
# as well as any WSGI server configured to use this file.
from django.core.wsgi import get_wsgi_application
application = get_wsgi_application()

os.environ.setdefault の行は、明示的に DJANGO_SETTINGS_MODULE 環 境変数が設定されていなければ、デフォルトの設定を使うようにセットします。 settings モジュールへのパスが正しくなるように、この行の mysite をプロジェ クトのパッケージ名で置き換える必要があるでしょう。

WSGI middleware を適用するために、同じファイルの中で application オブジェク トを単純にラップすることができます:

from helloworld.wsgi import HelloWorldApplication
application = HelloWorldApplication(application)

また、Django アプリケーションと他のフレームワークの WSGI アプリケーションと を組み合わせたければ、あとで Django の WSGI application に処理を委譲するような カスタムの WSGI application を用意して Django の WSGI application を置き換える こともできます。